【重要!!】原発のことついてあまり知らない人は読んでみてください。

      2015/02/18

なぜ、原発の放射能物質は天文学のような時間を費やさなければ消えることはないのにも関わらず、

高度成長期前に「平和エネルギー」として導入されたのかについて理解ができません。

 

それは、

「今が良ければ先のことなんてどうでもよい」という考えにしか思えないです。

当時、”平和エネルギーの導入”に賛成していた京都大学の小出裕章教授は、
原発反対の方の話に耳を傾け、自身で研究された後に、
「原発はとんでもなく危険」なことに気づかれ、反対派の方へ身を移しました。

それは、
「出世・お金・安定・名誉」など全てを犠牲にしてでも、
人々の安全を優先した行動でした。

案の定、
原発をつくることで多額のお金がもらえる研究所やお金に目がくらんでいる方々からの圧力がかかり、小出教授は潰しにかかられました。

しかし、
それにも耐えながら今でも反対運動を続けている姿は本当に勇気のある素晴らしいことだと思います。

原発エネルギーを使う裏では、多額のお金が動きます。

そう、お金です。

このお金という“ないもの”に対し、
欲望のコントロールができない人が地球の資源をお金に換えて、

地球を壊す(地球の資源を削る)→たくさんのお金を生み出す

まさに「地球が壊れるまで続けるのか!」というような、
負の循環を繰り返しています。

これがおそらく、
「地球は滅びる」など言われる理由かもしれません。

電気にしても何にしても、
エネルギーが必要ならばリサイクルできるものを使わなければいけません。

でなければエネルギーである資源が無くなれば終わりです。
それは、袋に入ったポテトチップスを食べるのと同じです。

一度食べ始めると、
「おいしい♪ おいしい♪」と食べ続けているうちに底が尽き、
もっと食べたくても、もう無いということになります。

そうではなく、
「食べたら、畑でジャガイモを育てる」ことを繰り返すと
底を尽きることはありません。
では、繰り返して使えるエネルギーとは何かが重要になります。

それは、風力・太陽光・潮力・地熱など”自然”と上手に付き合うことです。
私たちが使うエネルギーは、これらで全てまかなえるのです。
この事実をもっと多くの人が知るべきです。

特に関西圏など、
原発から離れている人は(昔の私も含めて)、
深い関心のない人が多いかと思います。

でもよく考えてください。

これは福島の問題ではなく、
日本の問題、もっと言えば地球の問題なのです。

島国の民族である日本人らしく、
地球についてもう一度考えてみませんか?

 


 - ノンフィクション , ,