障がいのある方が生まれる一考察~発達障がい~

      2015/11/23

発達障がいとは?

発達障がいとは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。(参照:文部科学省)

kid0051-004-300x200

 

 

考えられる原因

  • ワクチン後遺症

  • 砂糖中毒

  • 食品添加物曝露

  • 農薬慢性曝露

  • 電磁波や放射線の慢性曝露

  • いじめ、虐待などの影響

  • 遺伝的問題

 

これらの1つだけが原因ということではありません。様々な要因が重なり合わさって個々の症状に現れるものと考えてください。ワクチン後遺症に関しては、2008年にミズーリ州ニキサ市-連邦請求裁判所が予防接種公的補償プログラムにてワクチン(水銀が主成分となる保存料、チメロサール含有のワクチン)摂取後に、 結果として退行した子どもに有利な判決を下しました。砂糖中毒に関しては、清涼飲料水やお菓子または様々な現代の食べ物に含まれている糖質を過剰摂取することで血糖値の上げ下げが激しくなり、糖質ジャンキーに陥ることで精神状態が不安定になることが原因です。食品添加物に関しては、酸化防止剤や着色料など何百種類の添加物を様々な形で摂取することで体内の細胞に負担がかかり、異常が起きることです。農薬に関しては、ベトナム戦争で米軍が撒いた枯葉剤が原因でベトちゃんとドクちゃんが生まれたのは有名な話ですが、人間の染色体に異常をきたします。電磁波は、高速道路のインターチェンジや携帯電話やパソコンの影響で脳に損傷を与えます。放射能は外部被ばくと内部被ばくがありますが、いずれも人間の機能を大きく損傷します。いじめと虐待は精神的ショックからこころの平穏を保つのが困難な状態になることです。遺伝的問題は、これらの影響を受けた身体同士で子どもが産まれた場合のことです。よく障がい者が生まれる原因は不明や遺伝子が原因や突然変異など言われたりしますが、世の中に原因もなく結果がでることなどありません。

 

 


 - ノンフィクション , , , , , , , ,