後悔の残し方

      2015/02/19

ある人が言いました。

 

「人と言うのは行動した後悔よりも行動しなかった後悔の方が、

深く、強大に自分の中に残り続ける」 と。

 

みなさんはどう考えますか?

 

自分が選んだ道だから後悔はない。

みんなと一緒だからこれでいいと思う。

 

大事なのは自分の本心と向き合うことです。

 

もし今あなたが、

病院のベッドの上で横になりながら明日を迎えることができないと知ったとき、

「やりたいことを全てやりきった」 「後悔なんか全くない」

そう言えますか?

 

そういう人生をちゃんと歩めているでしょうか?

 

私の場合は去年まで正社員で会社から給与をもらい、

一日の半分以上の時間を会社に注げる生活を送っていました。

 

その結果、働いていた会社は少しずつ成長していったかもしれません。

でも自分自身はどうでしょうか?

 

もちろん成長はしました。

しかし、

自分が直接社会に貢献しているとは思えないのが正直なところです。

 

会社があっての自分でした。

 

それに甘え続けるのも人生かもしれません。

 

でもせっかく生まれてきた以上、

自分にしかできないこと、社会に貢献できること、

歴史に名を残せるようなことをしたいと思いました。

 

そうして自分で人生の主導権を握り始めてから、

自分自身の行動は劇的に変化していきました。

 

毎日がとても楽しく、生き甲斐のある人生を歩んでいると思います。

 

一つ一つ計画して実行していき、

責任も全部自分が負い、誰に指示されて動くわけでもなく、

全て自分の判断で行動していく。

 

そんな人生の方が自分には向いています。

きっと多くの方も同じような考えをお持ちだと思います。

 

でもなかなか行動に移せない。

なにをしたら良いのかわからない、そんなところだと思います。

 

そのことが悪いとは思いません。

それ自身がもともと決まっていたあなたの人生の流れなのでしょう。

 

私が重要視するのは、

死ぬ間際に後悔を残すことは辛いと理解した上で今の選択をしていることに気づいているかどうかです。

 

すごく重く深い話ですが、

これに早く気づいた人が自分から行動を起こしている人だと思います。

 

ぜひ、後悔の残らないような人生を歩みましょう!!

https://www.youtube.com/watch?v=fL-6FtATubg


 - Thinking , ,