らーめん好きな人は、これを知らなきゃ損します。

      2015/02/19

日本人がなぜラーメンが好きなのか理由を調べてみました。

 

そもそもラーメンは、

中華そばと言われるように中国の食べ物でした。

1665年に水戸光圀という方が日本人で初めて中華麺を食べたと言われています。

でもこの時にはあまり流行らなかったようです。。。

 

きっかけになったのは、

1872年に明治維新により開国された港町に中国人街(南京街)が出現したところ。今の横浜中華街ですね。

そこで「南京そば」というのを出すお店が続々と増えたそうです。

 

その後1905年に、

長崎の「四海楼」の陳平順さんが、

あの長崎ちゃんぽんを考案したそうです。

 

そこから全国各地でそれぞれの味のラーメンが考案されていった様子ですね。

驚いたのが、札幌ラーメンはもともと味噌ラーメンじゃなくて、

あっさり系の醤油ラーメンがメインだったようです。

 

びっくりですよね^^

(参考ページはこちら

 

 

でもなんでラーメンって一度食べたらあんなにクセになるんですかね。

 

そこも気になったので調べてみました。笑

 

すると、

ラーメンに入ってる昆布だしの成分といろんな油が組み合わさることで、

脳から快感物質がでるようです。

 

これだと依存する理由がわかりますよね。

人は常に快感を求める生き物ですから。。。

 

あと豆知識で、

即席麺に重曹を使うとラーメン屋さんの麺みたいにコシが強くなるみたいですよ!

 

 

あと一つおもしろいデータがあって、

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由を調べた結果がありました。

 

それは、お酒を飲むとアルコールを分解するのにたくさんの血糖が使われるので、それを補うために炭水化物を食べたくなるのだとか。

 

でもなぜラーメン?って言ったときに、

アルコールをとることで同時に利尿作用が働き水分もたくさんとりたくなるから、

炭水化物+水分=ラーメン

ってなるみたいです。

 

もう一つの理由は、

血糖値が下がることで空腹感が出るので満腹感を得たいがために、

脂質をたくさん含むラーメンが選ばれるみたいです。

(参考ページはこちら

 

 

なんか、ちゃんと理由があっておもしろいですね。

食べたくなるものにはちゃんと理由があって、

その栄養源が不足しているからということだったんですね。

 

これからなにか食べたくなったら、

自分の体には何が不足しているのか調べるのも面白いかもしれませんね。

いいデータがあったのでついでに載せておきます。⇒こちら

 

2014-03-29-17.15.37

 

 


 - ノンフィクション , ,