結婚式からみる日本の欧米化。

      2015/02/19

結婚式に出席してきました。

とても楽しく、準備のしっかりされた結婚式で本当に素晴らしかったです。

 

ふと疑問に思うことがありました。

結婚式とはもともとイギリスかどこかの催しものだったはずです。

 

現にキリスト教の聖書を用いて進められます。

ではなぜ、日本で結婚式が行われるようになったのでしょうか?

 

 

実は、日本が欧米から、

「結婚式のしない国とは野蛮な国だ!」と言われたことがきっかけで、

1964年の東京オリンピックあたりから今の結婚式に近いものが始まったようです。

 

 

要するに日本人特有の、「見栄っ張り」といいますか、

世間体を気にする風習が日本での結婚式を生んだようです。

 

おもしろいですよね。

 

なので、

結婚式では白のシャツに白のネクタイで...とか言うのは、

欧米の真似をしているだけなんですよね。

 

最近では、欧米も色シャツやスーツもおしゃれになっているようなので、

日本でもわざわざ白にこだわる必要はないと思います。

 

 

ただお葬式で日本は黒のネクタイなどを使用するので、

喪服みたいな格好はよくないかとは思いますが。

 

 

そんなこんなで、

結婚式を楽しませて頂きました。

 

準備が素晴らしく、とても細部まで楽しめる工夫がされていたので、

本当に感動しました。

 

自分も将来、結婚式を挙げたいなって思いました(^.^)

 

 

IMG_1352

 

 

 


 - Thinking , ,